2011モデル外車メーカー試乗三昧 in 勝沼

| コメント(2)

行ってきましたよ。勝沼まで。
実は先週も様子を見に行ったので2週連続勝沼です。
今回はヨーロッパの主要メーカーが全部揃ったので、とても楽しみにしていました。
各社のエンデューロバイクを比較試乗できるなんて機会は滅多にないですからね。

当日は先週と比較しても寒くて、霜柱が一面に降りているというコンディション。
日が登ってきたら溶けてかなり滑りやすいコンディションになるのは目に見えていました。
でもエンデューロバイクですからね、こういうマディでスリッパリーなコンディションで乗るのも良いですよ。

最初は自分のバイクで体を慣らします。今回、マリオさんが姉チャンバーの最終テストをしたいということで、僕のバイクに付けることになっていました。で、希望者には乗ってもらうということで。
オーナーの特権なので、最初に自分が乗っちゃいます。

anechamber.jpg

これは先週撮った写真ですが、今週の姉チャンバーは板厚1.2mmのヘラクレス仕様です。マリオさんが前日遅くまでかかって作っていたそうです。
先週発覚したことなんですが、11モデルはサイレンサーの差し込み径が微妙に違いました。今回マリオさんが用意したのは11モデル用です。ついでに僕のSTDヘラクレスも直してもらいました。ありがとう!マリオさん。

乗ってみた感想ですが、姉チャンバーはこういうコンディションでは最高でした。ほんとに乗りやすい。
いや〜、参ったな〜、他の外車に乗る前に自分のバイクが良かったら困るんだよね〜、なんて(笑)。

まー、それはそれとして、とにかく乗ってみましょう。

husaberg.jpg

最初はフサベルFE390に乗りました。このバイクはもうこれで3度目の試乗です。乗るたびに猛烈に欲しくなるヤバいバイクです。で、このコンディションならどうか?と思ったんですが、やっぱりちょっとネガな部分が見えてきたような気がしました。
重さが原因しているんだと思いました。ジャンプは僕だとあまり飛ぶ気にならないかな。それから下りです。油断するとリアがツーっと流れてしまうんですね。でも気づいたのですが、リアブレーキなんて使わなくてもいい速度だったんです。それなのにリアブレーキをかけてしまうと当然ながら流れますね。125EXCは軽いので大丈夫なんですが。

というわけで、これは慣れの問題でした。ネガと捉える必要はないですね。ジャンプはもともと苦手ですし。
で、相変わらずのフロントの軽快感は抜群でした。まぁ、ゆっくりにしか走れないのでサスペンションの良し悪しとかはわからないです。でも切り替えしのところでのフロントの軽快感はやっぱり異次元ですね。他のバイクにはない感覚です。これが僕の好みに凄く合っているんですよね。
欲しいなぁ〜、お金ないので無理だけど。

試乗会は大盛況だったので、待たないと乗れないです。
午前中はちょっと遠慮してて、すぐに乗れるバイクにしか乗りませんでした。
お昼をみんなで食べて、午後から気合いれて乗りまくろうと。

rockers.jpg

いつもの昼飯タイム。

さて、午後の一発目は何に乗ろうか?というか何に乗ったか忘れました(笑)。
えーと、シェルコだったかな?シェルコも楽しみにしていたバイクの一つです。みんな絶賛のバイクで、しかも11モデルは少し変わっているはずです。EWCのフィードバッグがあるんでしょうね。毎年ちょっとずつ各社変えてきます。

写真がないですね...。ま、今回は写真を撮りに来たんじゃなくて乗りに来たのでしょうがないです。
シェルコはどうだったか?というと、やっぱり僕はどうも苦手なんですよね。
今回みたいなコンディションだとサスペンションの良し悪しとかは僕には分からないので、エンジンのフィーリングが主になっちゃうんですが、どーもシェルコは苦手なんです。
イケダさんが言うには回していくとかなり良くて、前にバイクが進むらしいんですが、僕レベルだととにかく開けられない。ワーって開けられるといいんでしょうけどね。僕自身がレベルアップしないとダメかな。

次はBETAの400に乗ってみました。あれ?その前に125に乗ったんだっけな?125は省略!(笑)
400は市川さんが言うには、KTMの400みたいだって(笑)。え、それってどうなの?って思ったけど、いやいや乗りやすいですよ。FE390と同じような重さはありますけどね。まー、僕はフサベル大好きなのでどっちがいいって言ったらFE390ですけどね。

次。tmの125もみんな絶賛のバイクだったので、乗ってみました。
いや〜、このバイクには参った。すげーパワーなんですよね。本当に125だよね?上でのパワーがスゴイです。しかも回り方がシャープなんですよ。バキューンって一気に吹け上がるので爽快です、が扱えない...。
だからといって下が扱いにくいとかはないです。極低からゴロゴロといった感じで如何にもエンデューロバイクのフィーリングです。ちょっと古いエンジンフィールのような気もしますが、KTMがマイルドすぎるのかな?それに慣れちゃっているので、このゴロゴロ感を僕は古さと感じました。

そういえばGASGASは成田さんがJECで使った125を持ってきていました。前後トライアルタイヤだったので、今回のような滑りやすい泥はどうかと思ったんですが、トライアルタイヤは凄いですね。全く滑らないんですよ。バイクが軽いのも手伝ってか、ちっとも滑る気がしない。なのでずっとスタンディングでラインをトレースしていくと面白いです。他のメーカーに比べてGASGASはちょっと足付きがいいので、僕みたいに身長が低い人にもノーマルで乗れますよ。
成田さんの流れるような華麗なライディングを頭の中でイメージしながら乗るといいです(笑)。

今回、僕はハスクには乗れなかったんですが、本当はTE310や250に乗りたかったんですよね。時間がなかった。
ハスクは次の機会にとっておこうかな。

さて、こんな楽しい試乗会を企画・実行してくれたモンドモトの市川さん、オープンエリアの中嶋さん、ビアーズの石井正美さんには感謝です。
それと場所の提供などをしてくれたクロスパーク勝沼の青柳さん。
メーカー各社の方々。いろんな人の協力があってこそ実現した今回の試乗会です。
また次回もできるように僕らも何らかの形で協力したいですね。

リンクを知ってる範囲で書いてみます。

■主催
モンドモト
オープンエリア
レーシングガレージビアーズ

■場所
クロスパーク勝沼

■メーカー
ハスクバーナ
フサベル
シェルコ
ガスガス
tm
ベータ
KTM

それと最後にマリオスポーツ。
姉チャンバーは今回のようなマディコンディションや厳しい状況ではかなり有利だと思います。乗れる人はスタンダードのほうが上でのパワーがあるので、こちらをおすすめします。
僕は見栄を張ってスタンダードのヘラクレス仕様で来シーズンは行きたいと思っていますが、状況によりチャンバーを付け替えることもできるので、姉チャンバーも選択肢の一つですね。まだ買ってませんが...。

マリオスポーツ

コメント(2)

キム兄さん号が一番興味深いかもw

最近乗る機会がないというか、予定が合わず一緒にいける人がいないんで全く乗ってません。近場で練習の時誘ってください。

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2010年12月 8日 02:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KTM350EXC-F Factory」です。

次のブログ記事は「SUGOの写真 by JEC」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告