Ohlins TTX Cartridge Kit

オーリンズのキットでオープンカートリッジをクローズドカートリッジにできるものがあるよとモンドモト市川さんから教えてもらったのはいつごろですかね?夏ごろだったかな。
そのころ漠然と125SXなどのクローズドカートリッジフォークのバイクはギャップなどで前に出る感じがするよなぁと思っていて、フープスとかであまり気にせずアクセルを開けていけるのはいいなぁと考えていました。
オープンをクローズドにすることなんてできるとは思わなかったので、値段が安ければオーリンズのキットはアリだなと思いました。

ネットで海外サイトを検索してみるといくつか出ています。ですが、どうやって買えるのかいまいち分からずにいたところにeBayに新品が出品されているのを見つけました。
しかも値段がとても安い。ダメもとで入札してみるかと軽い気持ちで入れたところそのまま落札できてしまいました。

だけどこんな豪華なフォークを自分が乗ってどうなんだろう?という疑問はあったんですよね。
ま、ものは試しですから乗ってみるのもありかなとそのときは思っていました。

で、実際に発送されてきたものに同梱されていたスプリングがこちらが指定したものとぜんぜん違う。
これにはガッカリしましたね。一応、問い合わせをしてみて、それから2ヶ月くらい待ったでしょうか。
やっと届きました。レートは4.1なんですが、送ってもらった部品番号のシリーズでは一番柔らかいです。最新のものは3.9がありますから、125ならこっちのほうがいいかもしれませんね。

レースシーズンも終わって市川さんも一息ついたところなので、テストにはちょうどいい時期です。
だけどちょっと問題?もあって、僕のバイクはローダウンしています。
前後の長さを合わせるには、TTXを組んだものをローダウンするか、リアショックをもとの長さに戻すか、もしくは他のバイクに組むか。

結局、市川さんの判断で僕のバイクにノーマルの長さで組むことになったので、大川さんにお願いして以前のバイクのSXSリアショックを貸してもらいました。
そして組みあがったのがモンドモト雑記でも紹介してもらった今の僕のバイクの仕様です。
フォークのアウターも市川さんの手持ちのもので組んでもらったので、前後とも借り物なんですけどね。

で、乗ってみてどうだったかというと、125EXCではなくなりました。
SXの足廻りに近いんだと思いますが、それよりもしっとり感があるというか、極め細やかな動きをします。
期待していた荒れた路面での直進性能はやはりズバ抜けていて、ギャップがあろうが構わずアクセルを開けていけます。
SXSリアショックの効果も大きくて、良いサスペンションってのはこうなんだなぁとちょっと、いや、かなり感動しました。

もちろんWPのノーマルだってかなりハイレベルですよね。
でも一つ一つの細かな部品が違う高価なサスペンションはレースでのタイムがいきなり良くなるとは思えないけど、乗っていての幸せ感は倍増です。
まぁ実際にはこのサスペンションの性能の10%も生かせてないだろうから、僕が乗るのにはちょっとオーバークオリティなのかなとも思いますが。

それと、もう少し動くセッティングのほうが僕にはいいですかね。ダンパーが強めなので、リバルビングしたいのとスプリングレートをもう少し下げたいような気がしました。
SXSリアショックも本当にいい動きをするんですが、やはりちょっとダンパーが強いです。今度はダイアルを調整して乗ってみたいと思います。

一度に前後を変えてしまったのでどちらがどうなのか、正直なところ分からないんですが、なんだかとってもシアワセなテストになりましたよ。


ohlins_ttx.JPG

トップキャップの位置がバラバラなのは、フォークのデカールの向きを合わせてるからです。
同梱されているオーリンズのデカールがあるので、それを貼り直すということなんでしょうね。


frontfork_coating.jpg

市川さんから借りたフォークのインナーチューブはコーティングされています。これまた豪華!


sxs_rear_shock.jpg

SXSリアショック。これもすごくいいです。お金があったら絶対欲しい一品です。


futtsu1225.JPG

クリスマスの富津はとても良い天気でした。冬の時期でも霜が降りてツルツルになることもなさそうなので、この冬は行くことが多くなりそうです。

写真撮ってもらってありがとうございますとお伝え下さい>池田さん

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2011年12月31日 16:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外通販は楽し。」です。

次のブログ記事は「FRMを定期購読しませんか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告