FRMを定期購読しませんか?

僕も毎号コラムを書かせてもらっているFRMですが、三上さんから長文のお知らせが出ています。

皆様へお願い:「FRM+1キャンペーン」のお知らせ

これを読んでいろいろと考えてしまいました。
雑誌はこの先どうなるのだろうか?
紙媒体がなくなるといわれて久しいですが、個人的にはFRMをデジタルデバイスで読みたいとはあまり思わないんですよね。
もちろんデジタルならではの良さもあります。iPadでデジタル版を見たときは写真の綺麗さに驚きましたし、何冊入れても物理的にはかさばらないので携帯性はいいですよね。

ほかの情報誌などはデジタルでまったく構わないです。実際のところ僕は情報誌などを書店でまったく購入しません。
ほとんどの情報はウェブで得られますし、ウェブが魅力的なものも多いです。
でもそれは流れていくものであって貯めておいてあとで読み返したりするものではないですよね。
情報は古くなると相対的に価値が低くなることが多いです。
もちろん過去に何があったかを知ることはできますが、あまりそういうケースはないですよね。

FRMのような趣味性の高い雑誌はどうなのかというと、時間軸はあまり関係ないです。
過去の記事であっても今でも面白く読めるものが多いですよね。
それは人の体験だからなのかもしれないです。
書き手がそのときに感じたことや見た景色などは今でも共感できるものが多いですよね。
僕はたまにバックナンバーを引っ張り出して読んでいますけど、今読んでも面白いですし、以前読んだときは知らなかったことが読み返してみるとその後に自分が体験していたことだったり。

でもこれはデジタルであっても同じですね。とっておければいいんですから。
なんで紙がいいか、あまりちゃんとした説明はできませんけど、FRMを一度でも手にとって読んだことのある人ならなんとなく同じように感じてもらえるような気がします。

FRMは見開きで写真が使ってあったりしますよね。
このサイズは今はデジタルにはちょっとムリかなと思います。技術的な問題なので解決方法はあると思いますけど、どうでしょうね?現状は紙がベストです。
ほかにも人に気軽に貸せる点だったり、手軽に手にとって読める点、ちょっとくらい雑に扱っても大丈夫な点など細かいんですけど、こういうちょっとした良さが紙にはあって、デジタルにはない部分です。

で、FRMは今、作られています。
現状、FRMにとってベストな媒体は紙だと思うので、このまま紙で続けて欲しいと思うのです。

s-FRM38.jpeg


定期購読しませんか?というのは、まぁ一つの相談みたいなものなんですが、毎回書店であった・なかったで一喜一憂するのに疲れたので僕は定期購読しました(笑)
もちろん人によっては馴染みのバイク屋で買うから定期購読しないという人もいると思いますし、僕もそういう時期もありました。
でも三上さんから直接買ってもいいと思うんですよね。レース会場やイベントに行くとわりと会う確率は高いですからなんとなく知ってる人も多いんじゃないかと思います。

定期購読するっていうのは三上さんから直接買うっていうことなんです。もちろん会って手渡ししてもらうわけじゃないので、少し違いますが(笑)
でもそれに近い感覚ですね。
会ったことない人もオフロードバイクが好きなら狭い世界なのでそのうちどこかでばったり会うこともあると思いますよ。そのときの話のネタにもなると思います。
それに今ならおまけもついてきますし。
600人が申し込んでくれたらページ増&オールカラー化!ですし。
となると僕のコラムのページもカラーになる!?

けっきょくそれが言いたいだけだったりして(笑)


あ、そうそう、僕の大好きなモトクロスライダーの一人、ケン・ロクスンもFRMを読んでますよ!

Aix3GNoCAAAqH-e.jpeg

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2012年1月11日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ohlins TTX Cartridge Kit」です。

次のブログ記事は「ミカ・アオラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告