なんで今さら2ストローク?

長期間ブログを更新せずに放置しましたが、気にせず行きます。

最近、ヨーロッパのメーカーが2ストロークのエンデューロバイクを発売するニュースが相次いでますね。
13年モデルではBetaとShercoが2ストロークモデルの発表をしています。
Betaはもうそろそろ日本でも試乗会で乗れるかもしれないですね。僕も楽しみにしています。

beta-2t.jpg

Betaの2ストです。
詳しくはネットで探すといくらでも出てくるのですが、250と300だけですね。

Two Stroke Motocross.comの記事


sherco-2t.jpg

続いてShercoです。
Shercoも250と300ですね。

Enduro21の記事

Shercoの2ストはスゴイですよ。始動がセルだけです。2ストといえばキックですよね?でもセルだけです。潔い!
このバイクは今年のEWCのE3クラスでファビアン・プラネが走るようなので楽しみですね。

125を作らない理由はよく分からないですが、需要があまりないんでしょうか。
成功したら125も出てくるかもしれないですね。

250/300の理由の一つにエクストリームエンデューロの人気があると思います。
エルツベルグやルーマニアクス、ヘルズゲートなどたくさんの過酷なレースがヨーロッパ各地で開催されるようになりました。
難所系では軽くてパワーのあるバイクがいいので、当然2ストが良さそうですね。

でも2ストが復活したってわけじゃないのはエンデューロをやっている人なら知っていますよね。
日本の4メーカーが開発をやめてしまってからもヨーロッパのメーカー、特にKTMは開発を続けています。
なので、今さらってわけじゃなくて、今までもずっと作っていたし、これからも2ストを作り続けていくと思います。

でもこの先ヨーロッパの規制がさらに厳しくなるという話もあるみたいですから、どうなっちゃうんでしょうね?
実はこの辺りが心配なんですが...。

今日はこれくらいにしとくかな!(笑)

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2013年1月12日 02:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フォトグラファー長見くんのデジタル写真集 "Raw"」です。

次のブログ記事は「ファクトリーコネクションのブラッダーキットを付けてみました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告