R100GSメンテ記録その4

| コメント(2)

ベアリングレースは外れました。
でもその前に他にも厄介なものがありました。
順番が前後してしまいますが、Tさんのガレージに工具を借りに行ったときにトリプルクランプ一式を持って行きました。

1175356_10201749651884387_1479715668_n.jpg

Facebookにアップしたものと同じ絵ですが、この3の部品がトップブリッジから外れずに固着していました。
この部品をトップブリッジから外してもらう作業と、アンダーブラケットのベアリングインナーレースを抜く作業をやって頂きました。超感謝です!

そうそう、このときにTさんのR80GS Basicをちょっとだけ試乗させてもらいました。
写真はないですけど、コンディションが抜群に良いのは車両を見ただけですぐに分かります。

最初は恐る恐るですが、徐々に慣れてくると同時に自分のバイクとの違いを体感します。
まず足廻りが違う。当然ですが前後ともしっかりしています。リアショックは僕のと同じものが付いていますし、フォークはカートリッジキットが入っているので、文句なしですね。
そしてエンジンです。振動がありません。僕のは2000から3000の間で不快な振動が出るんですが、これは本調子ではないってことですね。
低速はあまりないような感じがしましたが、どうやら本来のボクサーツインはそういうものらしいですね。回して走るエンジンとのことでした。
僕のは全体的にモッサリしていて、低速で走るにはいいけど、あまり高回転まで回す気にならないフィーリングですが、Tさんの80は回していくと途中から盛り上がるパワー感がとても面白いし、そこまで到達するのも速いです。回転上昇が軽いですね。軽くチューニングしてあるとはいえ、ここまで違うとは参りました。

ベンチマークとなる車両の試乗ができて良かったです。調子の良いバイクに乗らないと本来の性能は分からないものですからね。
排気量があるのでこんなものかで乗れてしまいますが、本来の性能を引き出せていないなんてもったいないです。

目標とするところがはっきりしたので、足廻りが一通りメンテナンスできたら次はエンジンにちょっとずつ手を入れていきたいですね!

コメント(2)

自分のスポはとりあえずの感じで仕上がって来ましたよ。フォークオイルとブレーキオイルは早めに替えたいけど、寒くなってからでもいいかなぁ。せっかくのベストシーズンですからねー。

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2013年9月22日 12:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「R100GSメンテ記録その3」です。

次のブログ記事は「R100GSメンテ記録その5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告