R100GSメンテ記録その8

フォークが出来上がったとのことなのでモンドモトに行って受け取ってきました。
早速組んでみます。

r100gs_frontfork.jpg

とりあえずフォークだけ入れて見ました。
早く乗ってみたいなー、このフォークで。

今回、どんな内容にしたかというと、レーステックのゴールドバルブを組んでもらいました。
エミュレーターっていうんですかね?

racetech_goldvalve.jpg

この金色に輝く部品です。
フォークの中にこの部品をいれることでダンパー効果を高める働きがありそうです。
詳しくはわかりませんが(笑)

これを入れるお願いをしていたので、ちょっと時間がかかってしまったというのもあります。
僕が英語の説明を読んで理解した範囲では、低速時と高速時でオイル通路が変わるというか、高速時に別のところも通るようになるようです。
速い動きの時はバルブ?が開いて、そこからもオイルが通過するようになるようです。その調整を上についてるスプリングのテンションでするようです。

ま、乗ってみないとこういうのはわからないですね。体感できなければ意味がないですし。
今から楽しみです。

ところで、R100GSのフロントフォークはマルゾッキなのですが、マルゾッキといえばコンプレッションとリバウンドが左右で別々になっているフォークを知っている人もいるかと思いますが、このフォークもそうだったんですね。僕は知りませんでした。
で、このエミュレーターはリバウンド側にしか入らないらしく、コンプレッションは結局ノーマルのまま組んでもらいました。加工などすればコンプレッション側にも入るのかもしれませんが、今回そこまでする必要はないと思ったので、そのままです。

なので、1個余ってしまいました。誰か欲しい人、買いませんかー!?

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2013年9月26日 12:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「R100GSメンテ記録その7」です。

次のブログ記事は「R100GSメンテ記録その9」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告