R100GSメンテ記録その12

ちょっと間があきましたが、メンテの続きです。
やっとフロント周りをすべて組み終えました。
ただ問題が...。

でもその前に作業内容を書いときます。

r100gs_12_1.jpg

ヘッドライトを付けて配線をまとめます。
写真を撮っておいたのにどうなってたのか忘れた(笑)ので適当にタイラップでまとめます。

r100gs_12_2.jpg

ブレーキマスターやホースを付けます。閉め忘れた箇所があってそこからブレーキフルードが漏れてきたときは焦りました(^_^;

r100gs_12_3.jpg

クラッチ側。クラッチケーブルも新品に交換。
アジャスターをなくしたと焦りましたが、古いケーブルに付いてました...。
落ち着け、俺。

r100gs_12_4.jpg

キャリパーもオーバーホールしたし、これでバッチリなはず?
エア抜きが大変かなと思ったけど、案外簡単でした。
キャリパー側から注射器でフルードを入れれば問題なしです。

r100gs_12_5.jpg

光軸は合わせてませんので適当な方向を向いてます。対向車に迷惑がかからないように割と下向きにしておきました。
新品ライトの明るさはどんなもんか。(あまり代わり映えしませんでした・笑)

これ以降は暗くなってきたので写真は撮っていません。
外装を付ける頃には真っ暗になってしまったので、仕方ないからヘッドランプを頭につけて作業しました。
これ、意外といけますね。
でもやってるうちに虚しくなってきます。なんでこんな暗がりでヘッドランプ付けて作業をしなきゃならないのだ!?

そうそうに作業を終えて早速試走してみました。
サスはもちろん問題なしです。良いかどうかはわかりませんが、以前はボヨンボヨンだったので、それに比べたら遙かに良いです。
フロントタイヤもいいですね。ロードノイズもないし、オンロードタイヤみたいな感じです。サスとタイヤがよくなったせいか、とても軽快に走れます。これでリアタイヤも替えればバッチリですね。たぶん。

でも問題がありました。
スピードメーターのバックライトというんでしょうか?が付きません。夜に試走したので、何キロ出てるのかさっぱり分かりません。
ついでにいうとスピードメーターが正常に動いているのかも確認できませんでした、というかそれ以外のことに気を取られていて忘れてました。

スピードメーターとタコメーターのランプはヘッドライトのポジション球と同じものです。全部共通なんですね。この辺は分かりやすいというか、合理的です。
で、配線が2つ来ているのですが、スピードメーターのほうはゴムの被覆が劣化して破けてしまっていたのでちょっとやだなぁと思いつつ付けたんですが、それがダメだったみたいです。
またカウルを外して確認しないといけないと思うとがっかりしますね〜。球切れとかじゃなさそうなので、どうやって対処するか今から考えてます。

やっぱり前期型の顔のほうが整備性も良さそうですね。後期型のフレームマウントのヘッドライトはバラすのがとても面倒です。
そのうちライト周りを全部前期型に変えてみたいですが、これはけっこうお金のかかる大変な作業なのでやらないかもしれません。

あとはリアタイヤを変えて、リアブレーキシューが交換時期だったら交換する予定です。多分かなり減ってると思うんですよね。まだ見てませんけど。リアタイヤを外すのでそのついでにできたらいいかと思っています。

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2013年10月 6日 22:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年のシックスデイズエンデューロはイタリア!」です。

次のブログ記事は「R100GSメンテ記録その13」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告