R100GSメンテ記録その13

今日の作業はリアタイヤの交換です。
フロントも苦労したのにリアなんてできるのかな〜?
ま、やってみるしかないですね。

その前にブレーキパッドの交換をしました。

r100gs_13_1.jpg

ずいぶん前にEBCのローターに交換したんですが、パッドは新品のノーマルに交換したんですね。でもこれが効かないんです。まぁ止まれないことはないし、他の部分もかなり怪しかったので、今回のメンテでパッド以外は一通り交換してあります。でも効きはあまり代わり映えしなかったですね。ってーことは、やはりパッドがダメなんだなと。
EBCのブレーキローターはステンレス製らしいです。ノーマルは鋳鉄らしいです。EBCの説明を探して読み返してみたらEBCのパッドじゃないとダメだと書かれていました。今さらなんですけどね(笑)
なので、今回パッドを注文しました。これで効かなかったら諦めるしかない!?

このパッドはeBayで見つけたんですが、買うつもりはなく、なんとなくBuy It Nowボタンを押して送料を調べようとしたら、Buy It Nowボタンなので注文が入ってしまいました。
言い訳をすると他のサイトでは、商品をカートに入れて、住所を入れないと送料が分からないので、よくここまでの操作をして送料を調べるので、そのつもりでやっちゃったんですね。
まー、ほしい物だったので良かったんですが、なぜか送料が1個につき22ドル掛かり、今回はミッチーの分も注文しておこうと2個頼んだがために送料も2倍の44ドル。これって変ですよね!?
結果的に日本で買うのと対して変わらない金額になってしまいましたよ。ガッカリです。

でも、ま、いっか。

r100gs_13_2.jpg

次はタイヤを外します。バカみたいなトルクで閉まっている4本のボルトをなんとか外して、タイヤを外します。これも慣れない作業なので、手こずりました。ちょっと考えて、そういやリアブレーキの調整を緩めてなかったと思い出し、リアブレーキをゆるゆるにしたら外れました。
しかし汚いですね。分かっていたことですが、ここまで見事に汚れていると高圧洗浄機で洗いたくなります。でも作業をしている場所までは届きませんから、パーツクリーナーをぶっかけて綺麗にしました。

r100gs_13_3.jpg

ハブです。これはパーツクリーナーで洗った後ですが、まだ汚い。この作業だけでパーツクリーナーを1本空にしちゃいましたよ。ハブ側にブレーキシューが当たるようになっている合理的な作りなんですが、ということはここも消耗します。そのうち減って使えなくなってしまうので、そのときはハブごと交換になってしまいます。これが部品として高いらしいんですよね〜。僕のはたぶんまだ使えそうです。

r100gs_13_4.jpg

リアタイヤを組み終わったところです。リアは外すのに苦労しました。付けるのはわりとすんなりでしたね。ムース入りのエンデューロタイヤと同じくらいですかね。
チューブレスなので、パンクの心配をせずにガシガシ組み込んでいけるのは気分的に楽でいいですね。あとはビードを上げてタイヤを組めばOKです。

今回、たくさんやり過ぎたので、作業がだいたい終了したら、もうしばらくGSは触りたくないですね〜。本当はステップやシートも交換したいんですが、まずはノーマル状態を取り戻す作業を中心にしています。

あー、しかしKTMもそろそろいろいろやらないとヤバイ感じになってきてます。バイクのメンテは面白いことは面白いんですけど、やったことないことばかりなので、作業が捗らないし、けっこう疲れますね。
バイク屋をやってる人を尊敬しますよ。そんなことが自分でやるとよく分かります。

カテゴリ

ウェブページ

Twitter

Powered by Movable Type 6.0.2

このブログ記事について

このページは、キム兄が2013年10月12日 21:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「R100GSメンテ記録その12」です。

次のブログ記事は「R100GSメンテ記録その14」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告